フランス風懐石料理中華風: 2016 11/19  映画「セッション」 原題 Whiplash

.

2016 11/19  映画「セッション」 原題 Whiplash

素晴らしい映画を鑑賞しました。
先日よりWOWWOWで大好きなStarWars全話一挙放送があるとのことで早速入会。
試し録画でいくつか映画を録画した中の1本です。


主人公などアンドリュー・ニーマンは19歳のジャズドラマー志望の男子。
アメリカ最高峰の音楽専門学校に入り日々練習をしているときにあるきっかけで
校内最高峰のスタジオバンドの最高の指揮者として名高いテレンス・フレッチャーに
見いだされる事になる。
でもその教え方は恫喝、機材の投げつけ、体罰などを含めたスパルタ教育を感じさせる方法でした。

完璧主義者であるフレッチャーには第二の素晴らしいミュージシャンを育てたいという願いの裏返しのスパルタです。

「あのチャーリー・パーカーだってセッションでヘマをしドラマーにシンバルを投げられ、観客から笑われた」そして「チャーリーは1年間必死で練習し1年後に因縁のステージに戻り喝采を浴びた」
というエピソードが何度か出てくる。
必死で練習をしニーマンはドラムの主演者の座を勝ち取るが思わぬハプニングが襲う。。


そして音楽学校を退学となったニーマンはすっかり音楽をあきらめ夜の街をあるいていると
ジャズクラブで「特別客演:テレンス・フレッチャー」と書かれた案内を見つけ吸い込まれるように
入っていくと、そこにはジャズピアノを演奏するフレッチャー。

彼も音楽学校より指導方法が問題となったことで退職においこまれた事を知る。
そしてフレッチャーは自分のバンドでドラムをたたいてほしいとニーマンを誘い
ジャズフェスティバルのステージに上がることになったが、ここで予想外の展開が繰り広げられます。

ここから映画のエンディングまでは書けません!

いわば復讐とその報復、そして和解と信頼を感じさせる素晴らしいラストの10分間。

あぁ、やっぱり音楽って素晴らしい!







コメントを投稿