フランス風懐石料理中華風: 2017 3/12 神戸八社巡りと神戸事件

.

2017 3/12 神戸八社巡りと神戸事件

先日3月1日に関西テレビ報道番組のニューステンのコーナ【若一調査隊】で
「神戸八社巡り」の事が放映されていました。

でさっそく昨日私もチャレンジ。

日頃は車ばっかりなので電車に乗らないことからはじめて「西九条⇒三宮」へ行きました。このルートは安いし快適ですねー!

恥ずかしい話ですが奈良から神戸へノンストップで行けることを初めて知りました。
また阪神電車に近鉄電車の車両が入っているのもホント不思議な感じです。

さて、おかげさまでお天気は快晴!朝10時10分に神戸三宮駅到着。



まずは一宮神社を目指し快調に歩き出したはいいけれどおもいっきり逆方向!
さっそくやっちゃった!

気を取り直して山側へひたすら歩き無事一宮神社さんへ到着。
ふむ・・町中にあるこじんまりした神社だけどなんとなく凛とした雰囲気があります。



お参りしたあとで御朱印もいただき、次は二宮神社さんへ。

で・・また方向が分からない。。
うまい具合にたぶん八社巡りをされる方がいるよ?

ちゃんとGoogleMAPで方向をたしかめているんだけど微妙にスマホの方角がずれていることからこっそりと前の組の後ろを追いかけて大正解!

はい。二宮神社さんへ到着です!



ここからすぐ近くにある生田神社さんも忘れずにお参りっと!
海外の方がおもいっきり沢山で驚きました。



次は海側へむかって神戸大丸の向かいにある三宮神社さんへ。
この神社はなんどか車で前をとおったことがあるのでイメージがありました。



神戸事件の発生した場所なんですよね。
神戸事件については下記の私の記事を参照してくださいねー。

2010 10/16 教科書に書かれない日本史 神戸事件と伊藤博文

切腹をされた滝善三郎さんの言葉「私は遠国の者(おんごくのもの)故、朝廷が外国人を大切に扱う方針になっていたとは知らなかった」二枚舌を持つ新政府を批判した痛烈な言葉。
この言葉が本当に心に刺さります。しかし神戸事件に対して外国側は岡山藩から責任者を出して死刑にすることを新政府に要望。
まさか、フランス兵2人の軽症に対して切腹を求めるってどうよ??
外国と早く肩を並べ無ければと焦る気持ちと、国内情勢の歪の犠牲となられた滝善三郎さんに合掌。







で、ちょうどいい時間になったので神戸中華街でお店を探します。



えぇぇ?観光客がいっぱいでしかもみんなが紙コップやら串や、紙ドンブリをもって其処ら中で立ち食い!
あぁぁ・・道も汚いし・・。ゴミもいっぱい。

こんな町だったかなぁ。。。昔は趣のある良い場所だったのに残念です。

ではいったお店でゆったりとビールとランチを堪能。

で・・・ここで若干飲みすぎたのがこのあとの敗因に繋がります。

さて、このあとはふたたび八社巡り再開。。

四宮神社さんへ行くために再び山側へ大移動。


ここな芸能の神様で弁財天さんがおられます。


大好きな宝塚歌劇の大御所「扇千景さん」の建立された芸能塚にもお参りして五宮神社へ向かいますがこの移動がきつかった!

たしかテレビでもこの移動はバスを使っていたはず。


そうとうな登り坂道をへて到着した五宮神社さんですがなぜか無人。社務所にもだれもおられない。。



「御朱印のかたは500m先の祇園神社へ」

え?

まだ歩くの??

ということで坂道を下り・・また昇り。。。

有馬街道添いにある祇園神社さんの下に到着。

ふと見上げると最後には心臓破りの石階段・・・。あかん。。。まぢしんどい。。。

なんとか踏破し心地よい風が頬を撫でてゆきます。
境内からみた神戸の風景がきれいすぎる。。





なんとか無事に御朱印をいただき湊川神社さんへ向かっていましたが、大倉山公園あたりで疲労困憊。

ベンチで小休止のあとリタイア宣言です!
日頃500歩程度しか歩かない私がいきなり21,000歩!13㎞ですから、もう足の裏も膝も腰も方もヘロヘロ。。


ということでのこり湊川神社さん、六宮神社さん・七宮神社さん・八宮神社さんともうひとつ、滝善三郎さんの埋葬されているお寺と兵庫大仏で有名な能福寺さんを残して
「大倉山駅」から地下鉄に乗って神戸を後にしました。

後半はまた来月に持ち越しとなりました。残念!
コメントを投稿