フランス風懐石料理中華風: ◇ 2010/2/7  第47回日本ラグビーフットボール選手権大会1回戦

.

◇ 2010/2/7  第47回日本ラグビーフットボール選手権大会1回戦

神戸製鋼コベルコスティーラーズVSトヨタ自動車ヴェルブリッツ
サントリーサンゴリアスVS NECグリーンロケッツ

昨年から急速にはまり出したわたしのラグビー熱。

私がなぜか花園のトップリーグに行けた日はいつもトヨタ自動車ヴェルブリッツ、そしてわたしの携帯電話にぶらさがっている神戸製鋼コベルコスティーラーズのストラップ。
わたしにはまだ「このチームが大好き!」っていうようなチームが無いのが節操のない応援の原因となっています。今回は花園の入り口で「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」のまっかな応援フラッグが配られていたので、とりあえずにわか神戸製鋼の応援に回りました。
それでも実際に私の目を釘付けにしたのは前回同様、トヨタの15番<イエーツ選手>
華麗なキャッチにステップを踏んでこことばかりに走る!走る!
このプレイがいいのかどうかはよくわからないけれど、やっぱ目を引く選手だとおもいます。

昨日よりも随分あたたかい日でしたがそれでもメインスタンドは寒い(^_^;)後半はサブスタンドへ移動し神戸製鋼の応援団さんのおられる中に混ざって一緒に応援していましたが残念ながら負けちゃいました。
さて次はどっちを応援しようかな?と考えてた矢先に、サントリーの応援団さんから今度は黄色い旗を手渡されたご縁でサントリーの応援をすることに!
「ゴーゴーサンゴリアス!」久しぶりにおっきい声をだして応援してきましたww

サントリーはトップリーグ2位、相手のNECは格下なイメージがあったものの、サントリーの波状攻撃が通らない。事ごとくブロックされている。あげくにサントリーのパスが繋がらなくなってきたまま前半はNECがリードして終了。見ごたえの有るはずのサントリーの9番<グレーガン選手>(元オーストラリア代表)の見せ場もなく交代。後半も一進一退のまま結果は同点で終了。トライの数もゴールの数もおんなじということで双方のキャプテンによる抽選となりました。運も実力の内!

今回の試合も普段のトップリーグ同様に太田始先生の解説付。
FMラジオを通じて様々なお話をしてくださいます。
この抽選のシーンでもなかなか感動的なお話をしてくださった直後、グラウンドでは
大歓声!


運も実力の内!みごとにNECが第二回戦のキップを手に入れ狂喜乱舞の選手たち。反対に肩をがっくりと落としたサントリーの選手達。

なにがこの命運をわけたんでしょう?NECの執拗なまでの相手チームの事前分析やシュミレーションをきっちりされていたのでしょうか?またサントリーはNECのいままでの違う動きを察し、どう攻撃すればいいのかを判断できなかった事でしょうか?
まさか「今回は楽勝!」とたかをくくっていたようなことは無かったでしょうか?
コメントを投稿